2010年03月19日

<訃報>角田房子さん95歳=作家、「閔妃暗殺」などの作品(毎日新聞)

 角田房子さん95歳(つのだ・ふさこ<本名・フサ>作家)1月1日死去、葬儀は近親者で済ませた。

 近現代史を中心に、緻密(ちみつ)な取材に基づいたノンフィクション作品を発表した。「閔妃暗殺」で新潮学芸賞を受賞。ほかに「責任 ラバウルの将軍今村均」、(新田次郎文学賞)「甘粕大尉」「悲しみの島サハリン」など。

子ども手当、高校無償化 関係者からさまざまな声(産経新聞)
大学生の生活費、8年前より3割ダウン 年62万円…食費、光熱費を切り詰め(産経新聞)
<覚せい剤>被告に無罪判決、譲渡相手の供述変遷 岐阜地裁(毎日新聞)
関西空港 出国エリア改修工事が完成 1.5倍に拡張(毎日新聞)
地震 福島・楢葉町で震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)
posted by ムラノ ヨシイチ at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<社民党>原子力安全委員人事に反対表明 政府は見直しせず(毎日新聞)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)と阿部知子政審会長は17日、首相官邸で平野博文官房長官と会い、政府が12日に示した国会同意人事案のうち、原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹東大大学院教授を充てる案について反対の意向を伝えた。平野氏は人事案の見直しに応じない方針で、社民党は18日に三役会議などを開き、不同意を含めて国会での対応を協議する。

 班目氏は原発推進の立場で、07年に新潟県中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発が被災した際、損傷状況を調べた国の調査・対策委員会の委員長を務めた。原発反対派から「運転再開を急いだ」などの批判が出た経緯があり、福島氏は「脱原発」を掲げる党方針と相いれないとしている。

 政府提出の国会同意人事に、閣僚や与党が反対するのは異例。社民党は日銀政策委員会審議委員に、電気事業連合会副会長(前東京電力副社長)の森本宜久(よしひさ)氏を充てる案も同様の理由で「難色」を示した。人事案は19日に閣議決定し、今月下旬にも衆参両院で採決される見通し。

 平野氏は17日の記者会見で「所掌する閣僚が責任を持って人事として上げ、政府として国会に同意を求めている」と語り、人事案を見直す可能性を否定した。妥協案として、社民党の意見をまとめた要望書を政府に出してもらい、班目氏には要望に基づいて行動してもらうことを提案している。【西田進一郎】

【関連ニュース】
福島氏:自衛隊は合憲 参院予算委で質問に「そうです」
日米密約:「非核三原則の法制化前進を」福島党首
普天間移設:「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調
普天間問題:沖縄県議会の県内移設反対決議 社民党に勢い
派遣法改正案:労組ら「骨抜き」 福島党首も修正要求へ

マグロ禁輸阻止へ署名=築地市場の仲卸業者ら(時事通信)
<新宿指輪強奪>容疑者を起訴 ソウル中央地検(毎日新聞)
クロマグロ禁輸反対で韓国と協調=農水副大臣(時事通信)
高千穂峡 落石で小2男児が骨折…ボート遊覧中 宮崎(毎日新聞)
ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)
posted by ムラノ ヨシイチ at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。