2010年02月14日

毎日映画コンクール 表彰式に1200人(毎日新聞)

 「第64回毎日映画コンクール」の表彰式が8日、川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールで行われた。映画ファンも含めて約1200人が出席。日本映画大賞を受賞した「沈まぬ太陽」の若松節朗監督は「多くの俳優やスタッフが、やりがいのある題材に喜びを感じて撮影した。すてきな賞をいただいてありがたい」と語った。【勝田友巳、鈴木隆】

【関連ニュース】
毎日映画コンクール:09年日本映画大賞に「沈まぬ太陽」
ひと:高橋恵子さん 毎日映画コンクール田中絹代賞受賞
毎日映画コンクール:日本映画界の層の厚さ感じさせる結果
毎日映画コンクール:「沈まぬ太陽」に日本映画大賞 若松監督「プレッシャーと戦った」
毎日映画コンクール:小西真奈美、女優主演賞の知らせに「ナイフを持ったままスキップ」

帰国の公認会計士を逮捕=GWG買収仲介脱税−東京地検(時事通信)
「必殺」シリーズの題字書家、路上で襲われる(スポーツ報知)
<日中窃盗団>69人送検 被害15億円相当 京都府警など(毎日新聞)
税の恩典があり、確実にもらえる 国民年金基金のメリット強調していきたい 国民年金基金連合会 松本省藏理事長に聞く(J-CASTニュース)
<時をかける少女>視覚障害者向けに音声ガイダンス 新宿ピカデリーなどで(毎日新聞)
posted by ムラノ ヨシイチ at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

<石川議員>決断迫られる首相 民主は処分に消極的(毎日新聞)

 石川知裕・民主党衆院議員の離党見送り方針を受けて、党代表を務める鳩山由紀夫首相は厳しい決断を迫られる事態となった。政治資金規正法違反で不起訴処分となった小沢一郎幹事長の続投は認めたものの、逮捕・起訴された石川氏の処分まで見送れば、「政治とカネ」への姿勢を問われかねない。一方、民主党執行部は小沢氏の秘書を務めた石川氏の処分に消極的で、首相との距離感も広がっている。

 鳩山首相は9日夜、首相官邸で記者団に対し、石川氏の進退問題について「地元に帰れば皆さんに支持していただき、党に残って頑張りたい気持ちになるのは、人情として分かる」としながらも、まだ最終決定ではないとの認識を示した。

 鳩山首相が石川氏の進退に含みを残すのは、「政治とカネ」に対する世論の厳しい視線が念頭にあるからだ。起訴された石川氏を党内に抱え続けると、野党から引き続き追及を受けるのは必至。自身も偽装献金問題を抱えるとはいえ、首相や小沢氏とは違って逮捕・起訴された石川氏との間には線を引き、一定のけじめをつけたい−−そんな思いものぞく。

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は9日夜の閣議後会見で、石川氏離党の是非を問われ「そういう判断をされた方がいいのではないか。私であれば、最低限そうする」と自発的な離党を求めた。平野博文官房長官は同日の記者会見で、石川氏の離党見送りについて「推移を見守るとしか言いようがない」と苦しい対応に追われた。

 与党内でも社民党は、石川氏への批判を強めつつある。9日朝には国会内で重野安正幹事長、照屋寛徳国対委員長ら幹部が対応を協議し、石川氏に衆院の政治倫理審査会に出席して説明するよう求める方針を決めた。自民党など野党3党が提出した議員辞職勧告決議案の賛否をにらんだものだ。

 ただ、民主党執行部は石川氏擁護で走り出している。小沢氏は「起訴事実は秘書時代の話」という論理で「辞職の必要なし」と強調しているが、異論が出ないのは、「石川氏の辞職や離党を許したら、小沢氏の道義的責任に波及する」(党幹部)との警戒感からだ。

 一方、自民党の大島理森幹事長は9日夜、党本部で記者団に「倫理観、責任を痛感していない」と批判した。共産党の穀田恵二国対委員長は同日の記者会見で「(石川氏が)辞職に値するのは当然だ。うその収支報告書を作ったのはなぜか。証人喚問を要求したい」と述べた。【田中成之、近藤大介】

【関連ニュース】
石川知裕議員:辞職せず 支援者に意向伝える
陸山会事件:石川議員起訴「戦いこれから」「出直しを」
社民党:石川議員起訴で「辞職に値」
陸山会土地購入:小沢氏不起訴へ、石川議員ら3人4日起訴
辞職勧告決議案:石川議員起訴なら自民・公明提出へ

<平野官房長官>外交機密費上納、官邸の調査不能 (毎日新聞)
乗用車がガードレール突き破る 自転車2台、バイクと接触(産経新聞)
<衆院予算委>「秘書兼職やめては」 経産相「考えさせて」(毎日新聞)
雑記帳 「還暦ジーンズ」を発売 10年間の品質保証付き(毎日新聞)
法定利息の倍 高利貸し容疑 山口組系組幹部ら逮捕 大阪府警(産経新聞)
posted by ムラノ ヨシイチ at 06:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

橋下知事、就任2年振り返り「家族運営は失敗だらけ」(産経新聞)

 午前9時43分 登庁し報道陣の取材に応じる。2年間の府政運営について「失敗はなかったけど、家族運営は失敗だらけ」

 10時5分 河崎大樹特別秘書に再任の辞令を交付。

 10時15分 知事室で報告を受けるなどする。

 午後1時 中国大連市の夏徳仁書記の表敬訪問を受ける。

 1時半 府公館で全日本車いすダンススポーツ選手権大会優勝者の報告を受ける。

 2時半 槙尾川ダムの建設事業に関する有識者会議に出席。

 5時 知事室で打ち合わせ。

 7時 毎日放送USJスタジオ(大阪市此花区)で料理番組の収録。

【関連記事】
大阪府、ネットに部局長の「通信簿」 三つの表情で評価
朝青龍引退 橋下大阪知事「説明すれば分かってくれたのでは」
橋下知事「府市再編後の庁舎はWTC」
橋下知事「僕の役割は終わった」 国の案に伊丹廃港反映
橋下知事就任2年 「高支持率 内実伴ったものに」富野暉一郎・龍谷大教授

<橋下大阪知事>運営不振の府立高に「撤退ルール」(毎日新聞)
<岐阜市長選>現職の細江茂光氏が4選果たす(毎日新聞)
<外交機密費>上納の慣行、政府が認める 答弁書を決定(毎日新聞)
<文化審議会>委員20人決まる(毎日新聞)
名古屋ひき逃げ 運転の男を逮捕 危険運転致死容疑など(毎日新聞)
posted by ムラノ ヨシイチ at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。